welcome

原始反射の統合と筋膜リリースで

と身体の発達と姿勢の改善

 

 

 

 

【発達の土台を育てる 

発達の土台2.jpg

赤ちゃん時代から3歳くらいまでの間に

原始反射の出現⇒発達⇒統合を経て

発達の土台作りをおこなっていきます。

体の発達と共に認知・学習機能も発達していきます。

原始反射の残存があると発達の土台で抜けが生じ

運動や学習・行動などでできること・できないこと

の差が大きく出たりします。

 

発達の土台の抜けは

猫背などの無意識の不良姿勢

と大きく関わってきます。

 

当院では姿勢の根本的な改善で

原始反射統合コース

を受けられる方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【体の3次元を獲得する】

 

 

体の3次元.jpg

発達の抜けが生じると

体の前後・左右・上下を別々に使うこと

が難しくなることがあります。

 

その結果、日常での

バランス感覚の低さ・学習への影響

無意識の不良姿勢につながり、

さらに筋膜の癒着にもつながります。

 

原始反射の統合コースでは、原始反射の統合と筋膜を調整していく過程で

この体の3つの次元を無意識に使えるようにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【感情・感覚・思考とつながる3つの次元】

 

体からのアプローチで原始反射の統合が進むにつれ 

3つの次元が感情・感覚・思考とつながり、

体の内面での変化が起こります。

 

個人差はあり、人によって変化が違いますが 

・感情のコントロールができるようになった

・コニュニケーションが楽にとれるようになった 

・人前で無駄に緊張しなくなった 

など

 

受けられる方が日常で苦手とすることの改善 

今まで気にかけなかったことへの気づき

を実感する方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【筋膜リリース】

 筋膜.png

筋膜は全身タイツのように体全体を包んでいます。

筋膜には感覚器(痛みや圧感、伸ばされている感覚など) が多く存在し

痛みや倦怠感、体のずれている感覚などの情報を脳に伝えています。

単に感覚器が多いだけでなく、筋膜ネットワークの伝達速度は

普通の神経細胞の伝達スピードの4~8倍!!

驚くほどの感覚を脳に伝える組織なのです。

 

ちなみに

神経系は時速241㎞、筋膜ネットワークは時速1159㎞

 新幹線と飛行機くらいの差があります。

 

原始反射の統合と一緒に筋膜を調整することで

体感で得た感覚を多く脳へ伝えるようにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

【心と身体の変化】

原始反射の統合筋膜の調整が進むことで、

体の3次元を脳と体が獲得していきます。

 

この3次元を使えるようになると、

無意識にバランスの取れた姿勢

を取れるようになるとともに

呼吸体の動き体のリズム感覚が変わってきます。

 

その結果、

体の筋肉への負担が減り、姿勢や慢性痛の改善はもとより

体の動きや使い方、内面的な部分でも変化が表れてきます。

 

個人差はありますが、

当日から体感できる方もいらっしゃいます。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

【自宅でできる原始反射の統合をお伝えします】

原始反射は一度統合したとしても、

何かの刺激などでまた出てくる可能性があります。

ですが、一度しっかり統合しておくことで、

再度原始反射が出現しても自分で統合することができます。

そのための統合の仕方を統合の段階に応じてお伝えしております。

 

改善2.png

当院では楽しく統合ができるように

バランスボールを使った方法をお伝えしております。

 

筋膜リリースのみの施術も可能ですので、

お電話でのご予約の際には、

ご希望のコースをお伝えください。