大人の生きずらさ

原子反射の残存は誰にでもあるものです。

全ての反射をしっかり統合できている人の

方が少ないと感じています。

 

原子反射の残存の影響がある↔︎ないの判断は

日常生活に支障があるかどうか?

だと考えています。

 

大人の方は身体の成長と共に心の成長

も進んでいます。

その生きてきた分、楽しいことや嫌だった

ことなど、いろんな経験をされてきたと思い

ます。

 

人は不思議なもので、楽しい経験よりも

嫌な経験が残りやすいと言われていて、

特に発達に凸凹がある場合は、何かのきっかけ

で過去の嫌な記憶がフィードバックしてしまい

前に進むことが難しいことも多々あります。

 

大人の方は子供と違い、心が成長している

分、心のブレーキが掛かりやすくあると感じて

います。

 

原子反射の統合が進んで、動ける身体になっても

過去の嫌な経験が引き金になって、行動できなく

なってしまうことがあります。

これを心のブレーキと呼んでいます。

 

当院では、原子反射の統合と共に下記図の

大人の発達のピラミッドをもとに、心のブレーキ

を外すアプローチを行っております。

 

 

FE9FA3CD-967B-4826-A7D7-C4C039099C64.jpeg