原始反射って何❓

 

 

赤ちゃんは、生まれたての頃からいろいろなことができます。

例えば、母乳を飲んだり、指で赤ちゃんの手のひらに触れるとキュッと握ったりします。

こうした動きは原子反射と呼ばれており、特定の刺激に対する反射として、赤ちゃんの意思とは関係なく起こります。

原始反射は、運動機能が未熟な状態で生まれてくる赤ちゃんが、胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

 

 

原始反射とは

原始反射とは、赤ちゃんが胎外の環境に適応して生きていくために必要な機能です。

反射とは、感覚器から得たある刺激に対してある反応を示すことで、脊髄と脳幹が中枢の役割を果たしています。

原始反射は、健常な赤ちゃんの場合、お母さんの胎内にいる頃に出現して、生まれたての頃から機能し、中脳や大脳皮質など高次の脳が成熟するにつれて消失していきます。

 

 

原始反射の役割

原始反射の役割は、赤ちゃんの生命維持と運動機能の発達に分けることができます。

 

 

原始反射の役割:生命維持

人の赤ちゃんは、他の哺乳類に比べると、運動機能がとても未熟な状態で生まれてきます。

目がほとんど見えず、自分の意思で手足を動かすこともままなりませんし、泣く以外の方法で気持ちを表現することもできません。

そんな赤ちゃんが、胎外の環境に適応できるように備わっているのが、原始反射です。

例えば、生まれたての赤ちゃんは、自力で乳首を探し当て、吸い付いて、母乳やミルクを飲むという一連の動きを学習していません。

しかし、探索・吸啜反射という原始反射が備わっているため、唇やその近くに触れた物に吸い付き、母乳やミルクを飲むことができます。

 

 

原始反射の役割:運動機能の発達

原始反射による一定の反応を繰り返すうちに、中枢神経系が成熟して筋力も向上していきます。

そして、原始反射の反応として現れていた動きを、赤ちゃんが自分の意思で実行できるようになります。

 

例えば、生まれたての頃は哺乳反射に頼って母乳やミルクを飲んでいますが、慣れてくると、反射に頼らず自分の意思で飲むことができるようになります。

 

 

原始反射と姿勢との関係

原始反射は全部で11個あります。

恐怖麻痺反射(FPR) 

https://ameblo.jp/fmoff1/entry-12388362806.html

 

モロー反射 

https://ameblo.jp/fmoff1/entry-12388424806.html

 

パーマー反射

 

プランター反射

 

・探索・吸啜反射

 

・脊椎ガラント反射

https://ameblo.jp/fmoff1/entry-12390142848.html

 

・バビンスキー反射

 

緊張性迷路反射(TLR)(前方・後方)

https://ameblo.jp/fmoff1/entry-12389701431.html

 

非対称性緊張性頚反射(ATNR)

https://ameblo.jp/fmoff1/entry-12391728595.html

 

対称性緊張性頚反射(STNR)

https://ameblo.jp/fmoff1/entry-12394671764.html

 

上記の原始反射のうち青で書かれているのが脊椎に関わるもので

成長するにつれて姿勢に大きく関係していきます。

 

猫背・反り腰などの無意識の悪い姿勢は原始反射の影響している

可能性があります。

 

原始反射残存.jpg

何気ないこの姿勢。

恐怖麻痺反射・モロー反射・緊張性迷路反射・非対称性緊張性頚反射・対称性緊張性頚反射

が残存している可能性があります。

 

 

 

原始反射統合ビフォー ⇒ アフター紹介

 <モロー反射の統合チェック>

04149D50-9E5E-4C0E-9C2C-1D72B0DD479D.jpeg

  ※左:統合前 右:統合後

 

モロー反射の残存があると上下四肢を別々に使うことが難しかったり、不安定な姿勢になると無意識に緊張したりします。

上の写真は足を外ハの字にして歩くというチェック方法で、左写真は足をハの字にすることで不安定になり無意識の緊張で膝が曲がり、背中と肩が固まり、歩き方がロボットのようにぎこちなかったです。

統合後は写真でもわかるくらい緊張が緩み膝の曲がりも少なくなり、上半身の緊張が抜けてリラックスした状態がわかると思います。歩行もスムーズにできていました。

 

 

<モロー反射・緊張性迷路反射のチェック>

92E8C0DC-210A-4A12-B391-6C551219709F.jpeg

     ※上:統合前 下:統合後

 

 これは体の中心を捉えられていくかのチェックになります。

上の写真はバランスボールの中心がみぞおち辺りに来ています。 バランスボールに乗るときも不安定感があり乗った後も一生懸命バランスを取られている感じでした。  統合後はバランスボールの中心がおへそ辺りに来ています。 乗るときもスッと乗れて、乗った後も不安定感無く乗られていました。

 

原始反射を統合することで、無意識に体の前後・左右・上下(体の3次元)を捉えることができるようになります。

体の3次元.jpg

 

これは日常生活の姿勢とも関係していて、ラテラリティ・フォーカス・センタリングを脳が認識していないと無意識に悪い姿勢になってしまいます。  統合することで、無意識でも良い姿勢を取れるようになり、運動のパフォーマンスが向上し、結果慢性痛の改善につながっていきます。